宝くじ3億円当てたい! 発売前並んだ人数は?

印刷

   「3億、欲しいなあ」。スタジオの照明をいっぱいに浴びたみのもんたが、満面の笑みを浮かべ、呼びかける。「米田クン!」

欲しいなあ

   本日発売の年末ジャンボ宝くじ。当たりくじがよく出るらしい西銀座の売り場前に、リポーターの米田やすみが立っていた。

   暗い曇り空の下、灰色のコンクリートの上で、米田クンは元気にリポートを開始する。雲も吹き飛ばそうかという勢いだ。今年は高額当選金の本数が増えた。夢を求めて、朝7時過ぎ、発売1時間前のこの時点で、もう200人以上が並んでいる――。

   米田クンの背後には、カメラに背を向け、寒そうにうつむき加減の人たちが映っていた。何人かがときおり振り向いて、いぶかしげな、うるさそうな視線を米田クンとテレビカメラに投げかけてくる。なんだか、とても寒々しいひとときではあった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中