2018年 7月 23日 (月)

NHK会長 「民間人では務まらない」か

印刷

エレキ君

氏家・日テレ取締役会議長が語った次期NHK会長の件から。氏家氏は「(次期NHK会長は生え抜きか、外部から起用すべきか?)民間人では務まらないと思う。社会保険庁が民間からトップを迎えたことがあったが、組織は面従腹背だった。同じことでNHKの組織全体で自己主張するだけなら、上にだれを持ってきても同じ。それなら組織に精通している人がいいのではないか」と語った。

テレビ君

これは、橋本会長の再任もありうるということ。元民放連会長とはいえNHK会長人事に再三、口を挟むのはいかがなものか。氏家氏は今年初めには「民間の経済人を起用すべきだ」と言っていた。君子豹変もいいかげんにして欲しい。

プレス君

今年初めの日経産業新聞(1月10日)のインタビューで、氏家氏は次期NHK会長について「(NHK改革の行方を)現政権は、NHKを立て直すためには組織改革よりも経済分野で実績のある経営者を専任の形でトップに据える方が必要なのではないかと考えているようだ。それはその通りだと思う」と述べている。

テレビ君

現政権とは安倍前政権のこと。福田政権になって潮目が変わったということを福田さんに変わって代弁したつもりか。次期会長を決めるのは氏家さんでも福田さんでもない、組織上はNHK経営委員会であることに変わりはない。

アドバ君

その経営委員会の「指名委員会」が11月13日に開かれ、会長の資格要件について協議。古森委員長は「できればNHK内の人がいいが、外から来た方がわかりやすいということもある。白紙から幅広く検討して、できれば年内にも決めたい」と橋本会長の再任も含めて検討すると述べた。

エレキ君

蛇足だが、指名委員会では、多賀谷一照委員が、NHK会長に求められる用件として「リーダーシップ、業務遂行能力、政治的中立性」を挙げた。これまでの歴代会長が全てこうした要件を兼ね備えていたかどうかは疑問だな。

プレス君

かつて、NHK会長は政治家が決めた。田中角栄、金丸信、野中広務といった大物の郵政族がいた時代のことだが、いまの郵政族の顔ぶれでは口出しできる大物はいない。氏家発言や経営委員会の動きをみると、橋本会長再任が有力か。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中