小倉「思い込みで取材、問題ですよね」 香川不明事件で義弟逮捕

印刷

   謎だ、謎だと連日伝えられてきた香川・坂出の「祖母と孫2人失踪事件」が、発生から11日目のきのう(27日)夜、どうやら決着した。祖母の義弟が3人の殺害と死体遺棄を自供して、逮捕(現時点では死体遺棄容疑)された。金銭関係のトラブルというが、わからないことはまだ多い。

事件の取材は難しい

   とにかく奇妙だった。16日朝、三浦啓子さん(58)が、泊まりに来ていた隣に住む2人の孫、山下茜ちゃん(5)、彩菜ちゃん(3)とともに姿を消した。室内には多量の血痕、切り取られたカーペット、足跡、血を洗い流した形跡。財布はそのままだったが、自転車と携帯電話がなくなっていて、坂出港付近からしばらく微弱な電波が出ていた。

   その後、血痕は3人のDNAが一致して、殺害された可能性が高まったが、働き者のおばあちゃんと孫をいったいだれが、何のために--と、報道はなぞ解きと推理ばかり。連日報道陣に「情報を」と訴えていた子どもたちの父親を疑うような報道までが出る騒ぎだった。

   きのう逮捕されたのは川崎政則(61)、4月に亡くなった三浦さんの妹の夫だった。警察発表では、川崎容疑者は妻の死後、妻が三浦さんの多額の借金を背負っていることを知り、殺害しようと思った。家に入ったら子どもたちがいて、騒がれたので一緒に殺したという。

   死体は、車で近郊の五色台の山中に運んで埋めた、といっていたが、この朝検証のため山へ向かった車中で、「坂出港に捨てた」と供述を変えた。自転車と携帯電話はどうしたのか、1人での犯行か、などまだわからないことは多い。

   川崎容疑者の妻はガンで、「お姉ちゃんのところで死にたい」と最後は三浦さんの家で過ごしたというのだが、川崎が三浦さん方を訪れたのは、犯行の16日が初めてという。また、近くに長男と住んでいたが、住民登録は高松市になっていたという。

   小倉智昭は、「ガンで死ぬとき、最後に看取ってもらうのがお姉さんだとしても、夫はひんぱんに訪れるものでしょうに」と、ポイントをつく。「妻が多額の借金をしていたことを死後に知って、カッとなったものか」とも。

   高木美保は「借金が夫婦仲までおかしくしていたんだろうか」

   デーブ・スペクターは「殺すことでなにかメリットがあったのか」

   川崎容疑者は、勤め先に20日の退職を申し出ており、犯行後も18日まで勤めていた。また、息子には「お前は1人暮らしになるぞ」といっていたといわれ、計画的な行動にも見える。

   この事件ではまた、メディアスクラムが問題になった。動きや進展がないときでも、伝えないといけない。目の前に表れる父親が標的になったきらいがある。とくに絵が欲しいテレビがかかえるジレンマは深い。

   「勝手な思い込みで取材する、問題ですよね」(小倉)

   「松本サリン事件を思い出します」(高木)

   「事件の取材は難しい」(小倉)

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中