「いずれはある」のか橋下弁護士政界入り 「同僚」たちの見解

印刷

   テレビ露出度ナンバーワンで、スパモニのレギュラーでもある橋下徹弁護士(38)に、自民党が大阪府知事選出馬を要請したと伝えられた。橋下は先の大阪市長選でも話が出たが、断っている。さて今度は?

新聞にでてびっくりしたんですが

   市長選の話が出たときのビデオで、橋下は、「弁護士とテレビと、今の立場で精一杯。(要請は)しゃれのやりとり。この番組に出ていて、コメンテーターのきびしいこと。そんなもの受け止められない」と否定していた。今回の件でも橋下の事務所は「出馬の要請もなく、出馬の意志は全くない」とのコメントを出している。

   自民党が大あわてなのは事実だ。3選を目指していた太田知事が、金にまつわる不祥事で総すかんを食って不出馬を表明したのが12月3日。来年2008年1月10日の公示まで1カ月しかない。しかも先の市長選では、民主党候補に大差で敗れている。

   いろんな名前が出ているが、知名度からいうと橋下はたしかに抜群だ。しかし、自民をとりまく状況が悪すぎる。民主党がもっと出遅れているのが、唯一の利点というのでは、だれだっておいそれと受けるわけにはいくまい。

   橋下について同じテレビ仲間の弁護士で一足先に出た丸山和也参院議員(自民)は、「政治への関心は強かったね。やる気はあるし、いずれは出てくるんじゃないの?」

   しかし、もうひとりの北村晴男弁護士は「正義感は強いが、とんちんかんなところがある。(彼に投票するかと聞かれ)しません。価値観がだいぶ違うんで」とにべもない。

   赤江珠緒が「朝日新聞にでてびっくりしたんですが、ご本人は否定されました」

   鳥越俊太郎は、「ただ、いまは待って下さい‥‥というのがね。いずれはあるのかなと思わせる。自民党も参院選で負け、市長選で負け、そのうえ知事選で負けたら衆院選への影響大きいから必死だよね」という。

   白石真澄・関大教授は「地元だけれど、大企業がいなくなって財務もきびしい。知名度だけではだめで、府民が信頼できて大阪を元気にしてくれる人でないと」という。

   伊集院光も「名前の出るのがタレント的な人ばかりで、ファン投票みたいなにおいがする」という。

   発想も人材も貧困ということか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中