2018年 7月 22日 (日)

テーマ曲の好き嫌い、番組視聴率に影響するか

印刷

   「おはざいまーす」と小倉智昭が挨拶して、また今日も番組が始まる。バックで流れる曲はStarshipの「We Built This City」(邦題:シスコはロック・シティ)。

おはざいまーす

   ボンドこと筆者は、ひさびさにこのチャンネルの担当になったのだが、いつの間にかテーマ曲が替わっていた。以前はThe Pretendersの「Don't Get Me Wrong」。

   世界一信用できないネット百科事典を紐解くと、10月から変更されたらしい。それまではエルビス・コステロやThe Style Council、The Pretendersと英国系でまとめてたのに、いきなり「シスコ」のアメリカン+80's路線に。

   日テレ・スッキリ!!のテーマ「Any Way You Want It」に影響されたのだろうか。しかし、数ある80'sの名曲のなかで、なんでわざわざこの曲を選んだのかが謎だ。

   80'sのキラキラ・クリスタル・エコー・シンセ全開サウンド、筆者は好きなのだ。が、この曲はまた別の問題だ。「ウィビルディシティ・オブ・ロ~ケンロ~オ~。デンデケデン、デンデンデン」と織田裕二もビックリの間延びしたサウンド。メロディの甘さはカロリーオーバー。ポップコーンに砂糖をタップリまぶしたようである。これを毎朝、たらふく食わされてはたまんない。

   「シスコはロック・シティ」なる間抜けな邦題も、じつは元の歌詞世界をけっこう忠実に意訳したものだ。

   最近、低落傾向がささやかれるこの番組。こんな曲をテーマに使っているのでは、先が思いやられるかもだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中