ボクシング「牛若丸」が亀田「弁慶」に教えたコト

印刷

   日本ウエルター級タイトルマッチ10回戦が昨日(12月6日)、東京・後楽園ホールであった。『朝ズバッ!』が、1回戦1分30秒、合計3回KOの末、決着がついた壮絶な試合を『ノーカットでお伝えします』と報じた。

これはほっとけない

   王者・湯場忠志(30)に、16連勝の記録更新をかけて挑戦するのは牛若丸あきべぇ(22)。試合開始8秒後、あきべぇが、まず右フックで湯場をダウン。奮起した湯場が35秒後、今度は左フックであきべぇを、さらに1分25秒後にはやはり左フックであきべぇを再度ダウンさせ、勝負あった。

   そして試合後、記者会見に臨んだあきべぇ。切り出した言葉が「あいさつに行ってもいいですか?」。記者同行で王者・湯場の控室へ行ったあきべぇは、湯場に頭を下げながら「どうも有り難うございました」。これに応えて湯場も「また頑張ってね」。

   感激した司会のみのもんた、「これはほっとけない。このシーンは残るんじゃない。これがスポーツマンシップですよ。この気持ちを(亀田)3兄弟に教えたいね」。

   余計なパフォーマンスなしで、シンプルかつ壮絶なボクシングらしい試合だったが...。ちなみにテレビ局は、パフォーマンスがなさそうな試合に食指が湧かないのか、テレビの生中継なし。1分30秒間の試合では、結果的にはよかったのかもしれないが。

   

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中