2018年 7月 21日 (土)

ガン入院妻の枕元で「姉」に結婚迫る? 香川3人殺害事件

印刷

   「オレに言わせれば鬼ですね」。義母と2人の子供の命を奪われた山下清さんが、逮捕された容疑者を糾弾する。

遺産て、そんなにある?

   被害者の借金が犯行動機としてクローズアップされる現状に我慢ならず、ついに番組のインタビューに応じたとのこと。

   山下さん語る容疑者像は――妻が病気(癌)になっても家事でこき使う。入院すると、見舞金を全部取り上げる。そして、ななななんと、あろうことか妻が臥せる枕元で、姉にあたる被害者に結婚を迫っていたというのである。それも遺産目当てだったのではないか――。とくダネ!探偵団の取材がそれを裏付ける。容疑者は、自分の妻が死ぬと、将来、妻の実家の遺産が相続できなくなると心配し、周囲に話していたそうだ。

   もっとも容疑者は取り調べに対して、そんなことは言ってない。司会の小倉智昭は、被害者の苦しい生活ぶりを引き合いに出し、「(実家に)そんなに遺産があるのか?」といつものように懐疑的。リポーターの大村正樹が言うには、この実家は、そんなにお金持ちではないようだとのこと。

   まだまだ謎が多いこの事件。とくダネ!探偵団の必死の捜査が続いています。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中