2018年 7月 21日 (土)

和久井映見の新しい魅力にイチコロさ

印刷

   先日同世代の集りがあってね、今のNHK朝ドラ「ちりとてちん」が話題になった。みんな「見てる、見てる」って。この世代みんながいつもNHKの朝のドラマみてる訳じゃなくてね、前の「どんど晴れ」だっけ、あれは誰も見てなかった。

   で、何がいいかっていうと、主人公のお母さん役の和久井映見が「いい味出してる」ってみんな口をそろえるんだな。これまでと違って「やわらかさ」が出てるってさ。なるほど、オレも反対はしないな、この意見に。

   でもオレのお勧めは、桂吉弥っていう本物の大阪の落語家。一番弟子役というか、主人公のアニ弟子というのかな、落語家を演じてる訳だけど、この演技がいい。素晴らしい。

   主人公の貫地谷しほりの演技はまだまだ表情が堅い。ま、演技の勉強と落語の勉強をいっぺんにやるのは大変ではあるけどね。落語は1人芸でごまかし効かないからね。ま、がんばんなさいって感じ。ドラマの中の方の主人公は、この前初めて高座にあがって落語をしたけどトチっちゃった。話の展開も今後どうなるのかね。いずれにせよ、何か集りがあると必ず話題になるドラマだ。みんな面白い、面白いって。オレはそうでもないんだけどね。

      初高座 トちりとてちん ご愛嬌

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中