朝青龍「弱かった」!? 今週のワイドショー通信簿(上)

印刷

   記事本数で見ると朝青龍ネタが多かった。再来日を果たし先週11月30日に謝罪会見を済ませ、早速地方巡業へ参加した模様をカメラは追った。30日の会見は、ボクシングの亀田家次男、大毅も謝罪会見を開いており「セット」扱いも目立った。朝青龍の謝罪会見の評価は、「仮病疑惑を説明していない」という厳しい声もあったが、「亀田節」を復活させた「大毅」会見よりは肯定的に受け止められたようだ。

   朝青龍はモンゴルで長期間休養していたため、体力面などに懸念がもたれていた。12月5日の「スーパーモーニング」などが万全ではない状態を指摘する一方、同じスパモニは多くの力士が「衰えを感じない」と話していることも紹介した。まずまずの「強さ」を周囲に示したといったところだろうか。

   しかし、「ネタ」としての勢いは仮病疑惑が発覚した07年夏とは比べ物にならならないくらい「弱かった」。アクセスランキングでは、先週から引き続き香川県で祖母・孫3人が殺害された事件関係の先週の記事が上位を占めたままだった。

(テレビウォッチ編集部)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中