「通」なら分かる 小倉冒頭あいさつ時の「楽しみ」

印刷

   「おはよざいまーす」。毎日毎日、番組冒頭、小倉智昭は頭を下げて挨拶する。このときの発音は「おはざいまーす」だったり、日によって微妙に違って聞こえる。それを聞き分けるのが唯一の楽しみというマンネリワールドなのだ。このとき、彼の頭から何かが落ちたら面白いと発想する気持ちは痛いほどよくわかる。

おはよざいまーす

   そして、また変わらないもの。バックで流れるこの番組のテーマ曲「シスコはロック・シティ/We Built This City」である。

   毎日毎日、オープニングをはじめ、各所で聞かされるこの曲が、猛烈なインフルエンザウィルスのように脳を急速に蝕んでいく。

   “マンバ”をプレイするマルコニ(誰だよ!?)、ラジオを聞け、ドォンチュリメェンバ~。ふと気がつくと、この歌をブツブツと口ずさんでいる。さらに咳、鼻水、吐き気などの身体的変調を来した。深刻な事態である。

   小倉の素晴らしいオープニングトークがまったく耳に入らなくなるのも時間の問題かもしれない。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中