「沖縄美ら海水族館」館長と「北の少年」交流描く

印刷

沖縄県にある「世界最大」のアクリルパネル水槽をもつ水族館「沖縄美(ちゅ)ら海水族館」を舞台にしたドラマが2007年12月14日(金)21時4分からフジテレビ系で放送される。スペシャルドラマ「美ら海からの年賀状」で、出演は時任三郎や菊池桃子ら。時任演じる旧水族館の館長が、大水槽づくりやジンベイザメ複数展示など「無理だ」と周囲から反対される新水族館建設事業に挑む。一方、北海道で病気のため入院中の少年(須賀健太)は魚のことに興味があった。少年は水族館長の取り組みを知り手紙を書いた。館長が「夢」実現へ奔走し、少年と年賀状を通して交流を深める姿を描く。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中