2018年 7月 23日 (月)

これじゃあ紳助1人におんぶにだっこだ

印刷

   今日は「世界バリバリ★バリュー」の話。金持ちを調査してレポーターが現地へ行ってクイズを出す、それでスタジオの回答者が答えるという形だね。この間は、世界中のリッツ・カールトンのホテルを泊まり歩いた主婦と、上海から日本へ来て「ショウロンポウ」の会社作って豪邸を数年で建てたまだ若いお姉ちゃんを紹介してた。

   ま、司会の紳助が仕切ると見てる方もリラックスして楽しめる。紳助はうまい、と思うし紳助の表情が豊かで面白い。

   しかし、番組としてはどうなんだろう。なんか昔風の古臭い感じがするんだな。かつて、20年ぐらい前に人気番組だった「世界まるごとHOWマッチ」のニオイがする。でも「世界~」より陳腐な印象だ。

   結局、金持ちの行動を見て「ため息をつけ」というのか、「見習え」というのか、「オレには関係ない、と思え」というのか、番組側の「ご指示」が分からない。趣旨が理解できない。見終わった後にしっくり来ないというか、気持ちがよくない。出てきた金持ちについて「すごい人だね」とほめたものか、「何だあんなヤツ」とけなすのか、よく分からない印象だけ見ている人に与えている。それで関係ある様な無い様なクイズにつながる。消化不良というか、まあ共感を誘うつくりになってないんだよね。

   ゲストもたくさん出てるけど、紳助1人におぶさった番組じゃないかな。

      ひと昔 前にもあった 気がするが

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中