2020年 10月 25日 (日)

「正義の戦争はない」 小田実、病床からの「最後の言葉」

送料無料/乳酸菌ごぼう茶
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   2007年7月30日。ベトナム反戦運動、阪神淡路大震災の議員市民立法実現などで精力的に活動した作家・小田実(まこと)(75)が胃がんのため亡くなった。

   小田は、「遺すべきことがたくさんある」と病院内での撮影を提案する。今回の、「ハイビジョン特集」では、治療の合間に撮影された小田実の最後のメッセージを紹介する。

   小田は、9.11アメリカ同時多発テロ以来、憎しみの連鎖の中で繰り返される世界各地の紛争に「正義の戦争はない」と訴える。その中で日本人が果たせる役割とは何か? 常に激動する戦後日本の最前線で体を張り語り続けた小田実の「最期の言葉」を伝える。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中