橋下弁護士「転進」でどうなるTVマネー

印刷

   3大マスコミやJ-CASTニュースを振り回したあげく、大阪府知事選に出馬表明(とくダネ!放送時点では予定)した橋下徹弁護士。「2万パーセントでない」宣言をはじめ、身内の事務所にも「ウソ」をつき通すなど、政治家らしい処世術はすでに身につけているようだ。

かなり下がるでしょうね

   番組キャスター、小倉智昭の心配はやはりカネ。「これだけテレビの仕事をしているんだから、(出られなくなると)かなり下がるでしょうね」とテレビ仲間を気づかう。小倉の思考で行けば、テレビの仕事が減って収入が下がれば、政治家になるのが得策ということだろう。

   二転三転の出馬に、「インタビュイー」(取材を受ける)の大阪府民も賛否両論。番組中、もっとも辛口だったのは、電話でコメントした「行列のできる法律相談所」パートナーの北村晴男弁護士だ。

   ――「(橋下の)人柄は?」

   ――「分からない。議論してるだけだから。議論自体はトンチンカンなところが多かったけどね」

   まるで「行列~」そのままの北村。橋下との"対決"や愛想のない喋り方は、番組上のキャラクターではなかったのか。もちろん、今回もテレビ放送を意識した上でのコメントだった可能性もあり、謎は深まるばかりだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中