橋下が府知事選立候補を決めた一言「速報」

印刷

   スパモニのレギュラー、橋下徹弁護士(38)が大阪府知事選に出馬するのだと。「きのう(11日)午後、立候補できる環境が整ったので」というコメントを出し、きょう午前10時から府庁で出馬会見する。おとといは「5000%ない」といっていたのに、11日午後いったい何があった?

政治家の言葉は重い

   同じスパモニのコメンテーター大谷昭宏がビデオで語った。

   「『どうなんだ』とメールを送ったら、電話がかかってきて『決意しました』と。テレビの生番組への迷惑があるので調整して、いまこの年齢だからできると」。さらに「きのう日刊スポーツに『生気みなぎる大阪を取り戻せ』と書いたら、それを見てお母さんとも相談して、とにかく出ることを決めたといっていた」

   また、別の番組で一緒の北村晴男弁護士も「知事になるでしょ。あんなに知名度がある人ほかにいない。紳助さんでも出れば別ですが」

   最初に話が出たとき、「『いまの状況では出ない』というのが気になる」といっていた鳥越俊太郎は、橋下の動きに「変節ではなく変身かな。でも、政治家の言葉は重いものです」と苦言。「自民党も市長選で負けたから必死なんでしょう」

   橋下は、その大阪市長選でも名前があがったが、番組で「政治家へのコメンテーターのきびしいこと。そんなもの受ける立場に立てません」といっていたのだが、身近にいる人たちは、どうやら橋下の性根を見抜いていたらしい。

   舛添厚労相が「彼はこども6人?(ホントは7人) 子育てしっかりしてるし、大阪の人だし明るいし。いろんな人が政治に参画するのはいいこと。がんばって」といっていたが、彼もテレビでの毒舌から注目された人。

   橋下も、歯に衣着せぬ勇ましい発言で人気。光市の母子殺害事件では、弁護士に懲戒を求めるよう呼びかけるなどして、騒動にもなった。大阪府民にも受けるかも知れない。

   しかし、番組は9時54分まで。記者会見は10時からと、何とも苦しい。現地レポートの立花裕人は、府庁舎にはいる橋下本人が「やしきたかじんさんの一言で決めた」といっていたと伝えたのが精一杯だった。

   「鳥越さんのおっしゃってたことが当たりました」と赤江がいうと、鳥越は「心の中ではずーっと準備していたんですね」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中