「品格」問われるのは朝青龍だけかい?

印刷

   朝青龍が日本へ戻ってきて、ワイドショーがよく取り上げてたね。笑ったのは、記者に「品格が問われてますが」ってきかれた朝青龍が「品格って何ですか」って逆に尋ねてた。分かってないんだね。でもまあ、あれだけ騒いでた横審(横綱審議委員会)も静観の構えだし、マスコミも取り上げすぎ、騒ぎすぎという気がする。

   でも年末は朝青龍、どうするのかな、モンゴルへ帰るのかな。ビジネスだ、離婚問題だって、モンゴルへ行かなきゃならん状況がありそうだけど、帰るとさすがに批判がすごいことになるだろう。でも何とか理由つけて帰る気もする。「知人が亡くなって葬式あるんで」とかいって。

   しかし今は、朝青龍問題ばかりでなく相撲界全体を改善しないといけない時期じゃないかな。土俵上の力士は国際化したが、座るとこは全然国際化してない。あんな狭い升席に4人も座れ、なんて外国人には無理だし今の日本人でもきついよ。でも収入減るからってなかなか改革しようという話にならない。怪我する力士が多いのも、試合数の多さを見直す必要があるのに、これも収入が減るってことで真剣に検討されてないよね。

   力士の暴行死問題もなんだか相撲協会の対応は不熱心というか、いやいややってるというか、これではダメでしょうね。協会の理事長は何やってんだ、という話にもなる。朝青龍も戻ってきて相撲人気回復につながればいい、と思うけど、なかなかそうはいかないかもしれないね。

      横審と 理事長にも 品格を

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中