2018年 7月 23日 (月)

映画真似た中学生窃盗団「御用」 悪いのは映画か

印刷

   11人の窃盗団による現金強奪を描いたハリウッド映画『オーシャンズ11』。この映画に刺激されて自動車盗やスリを繰り返していた東京・日野市の中学3年生4人が書類送検された。

中学3年で分からないでしょうかね

   「カッコいい」と真似したくなったのが犯行の動機というが、異様な恰好で犯行に及んだ佐世保市の銃乱射事件の犯人もどこか似通った部分が・・・

   この中学生窃盗団は、「オーシャンズ11」の映画を見た1人が、他の3人に窃盗団をつくろうと持ちかけたのが始まり。10月10日午後、日野市内の駐車場に止めてあったワゴン車を盗んだほか、立川駅ビル内でスリを繰り返していた。

   ところが、学校にバレて、4人のうち2人が「北海道に高跳びしよう」と家出。東北新幹線で盛岡まで行き、そこでまた普通乗用車を盗み青森まで無免許運転。フェリー乗り場の駐車場にいたところを逮捕された。

   スポーツプロデューサーの三屋裕子は「カッコ良くなりたい気持ちは分かるけど、本当の格好よさとは何なのか、分らなくてはダメ。大人が教えないと」。これに司会のみのが「そんなこと中学3年で分らないでしょうかね」。

   しかし、今の日本には大人になっても分らないのがいると指摘するのは京都造形芸術大教授の寺脇研。「可愛いというとアレで、度は過ぎていますが、37歳で映画の主人公気取りにあんな恰好をし、銃をぶっ放して殺傷した方が大問題ですよ」。

   佐世保市の銃乱射事件は、自殺した犯人、馬込政義(37)の犯行時の模様が徐々に明らかになってきた。『朝ズバッ!』によると、フルフェイスのヘルメット、防弾チョッキに防護用プロテクター、黒の手袋、黒のブーツ、銃にはレーザー照準装置と、まるで戦闘態勢。

   37歳の男が自殺の道連れを求めてスポーツクラブに押し入るにはおよそ幼稚で、不釣り合い。それでも最後はゲーム感覚で、カッコ良くとでも思ったのだろうか。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中