CMホワイト家族「お父さん」犬 「影武者必要」意外な理由

印刷

   番組が伝えるある調査(CM総合研究所のものらしい)によると、2007年の好感度NO.1CMは、ソフトバンク(携帯電話)のホワイト家族こと白戸家であったそうだ。

よくこの仕事受けたよね

   そこで番組は気になるCM製作の裏側をチェックし、気になる最新バージョンのCMをどこよりも早く公開した。視聴者的には、画面キャプションが白戸“屋"になっていたのが気になったが…。

   「お父さん」役の声が俳優の北大路欣也――というのは意外に知られた事実だが、じつはさらに隠された秘密があった! お父さんは2人いたのだ。

   基本的には、北海道犬のカイくんがお父さん役。しかし、彼は高い場所が苦手なのだという。その手のシーンでは、妹犬のネネちゃん(怖いもの知らず)がスタントをつとめる。お母さんのどら焼きを食べてしまったお父さんが「ヤバイヤバイ」と逃げて、階段を上る場面。これはネネちゃんが演じたそうだ。

   なお、クリスマスバージョンの新CMのほうは――見てのお楽しみだが、スタンダードな感じである。

   ギョーカイ人で、番組司会の小倉智昭は、この意外な事実に、さほど感銘を受けなかったようだ。小倉が驚いたのは「よく北大路欣也さんが、この仕事受けたよね」

   卑屈な笑みを浮かべた芸能リポーターの前田忠明が、小倉の最大の関心事に答えてあげる。「相当いただいてるんじゃないですか、あの声でだけで」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中