小野アナ今でも初々しい オレの秘密も教えよう

印刷

   NHKの「ためしてガッテン」。高所恐怖症の克服法を紹介していた。オレも実は、高いところがちょっと・・・足の裏がムズムズっとくすぐったくなる。

   「怖くない、大丈夫」と自分に言い聞かせる。これが良くないらしい。自分にプレッシャーをかけると恐怖心が拡大していくんだそうだ。あり得ない最悪の事態まで想定してしまう。

   で、どうすればいいかと言うと、2分ごとに自分の恐怖をポイント化して書いていく。今、何点とかね。すると10分もすれば最高点に達するけど以降は下がっちゃう。怖くなくなってくる。自分の恐怖心を客観的に観察することで不安が取り除かれる、もしくは不安に慣れるってことなんだね。番組でもつり橋渡れない人が渡れるようになってた。

   これは自分にも応用できるなって思ったね、うん。

   番組はもう13年になるのかな。説明するための道具なんか手づくり感があっていいネ。悪くいえばちゃちなんだけど、何だか好感持てる。司会の立川志の輔がまた、えらそうじゃなくていい。説教くさくない。落語家としての評価も今すごく高いよね。小野文惠アナももう番組長いけど、今でも初々しい。2人のやりとりも感じがいいし、好奇心を満たしてくれる意味でもこの番組は素晴らしい。だから長続きしている。地味だけどね。

      手づくりの ぬくもりありて 合点(がてん)ゆき

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中