「志布志事件」検事が脅し? 鳥越「ひどい話だね」

印刷

   えん罪の決着がついた「志布志事件」に関連して、違法捜査の象徴になった「踏み字」を告訴した被害者に対して、検事が「あんたの言ってることは全部ウソだよ。このままだと逮捕するよ」といったという。おいおい、というような話。

やっぱり身内なんだな

   明らかにしたのは、川畑幸夫さん。川畑さんは今年1月、事件の取り調べで「踏み字」をした濱田隆広・元鹿児島県警警部補を刑事告訴した。濱田氏は9月在宅起訴されたが、担当した福岡高検の検事が、川畑さんのいう「踏み字は10回以上」というのをウソだとして、被告に有利な「1回」という説を採用。さらに前述の発言をしたというのだ。

   「びっくりして、エーッとのけぞった」と川畑さんはいう。

   鳥越俊太郎とスパモニは、そもそもから事件のえん罪を追及してきた、いわば功労者でもあるだけにくわしい。

   その鳥越は、「ひどい話だね。えん罪に鹿児島県警と鹿児島地検が関わっているので、この訴訟は福岡高検が担当になったんだが、やっぱり身内なんだな。普通いっちゃいけないことですよね」「法廷でウソをいえば偽証罪になるけど、取り調べの段階で偽証だというのは言い過ぎ。しかも、被害者を脅すような言葉は、ひどいね」

   白石真澄は、「だから取り調べの段階をビデオに撮るとか、可視化が必要になる」という。

   が、この日の追及はここまで。中村伊知哉が、「この問題、ここまで追及できたのはテレビの力だと思う」と相変わらずピンぼけコメントをかましたところで、チョンだった。

   まあ、検察というのは日本一取材がしにくいところではあるけど、まあ、がんばってもらいたいものだ。

   

   

   

   

   

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中