2018年 7月 18日 (水)

鶴瓶が「紅白」で見た女性歌手乳首

印刷

   07年末のNHK紅白歌合戦終了後の舞台裏の模様を紹介した。しょこたんこと中川翔子が、母親と目が合って元気になったエピソードを明かすなどした。白組司会だった笑福亭鶴瓶の司会ぶりについて「よかった」と振り返る徳永英明らのコメントもあった。

   和田アキ子が鶴瓶に「ようやった」と声をかける場面も。その際、鶴瓶は紅白リハーサルであった一幕を明かした。和田の350万円もするイヤリングが和田の服の中に落ち、鶴瓶が和田から捜すよう言われたところ、和田の透けた乳首が見えたのだそうだ。「残像を(記憶から)消したい」と鶴瓶。

   スタジオ陣からはコメントなし。紅白で「ポロッ」と見せるのでは、と懸念(期待?)された鶴瓶はSMAP「弾丸ファイター」を「コーガン~」と紹介した程度で「無事」大役を果たした。しかし、和田絡みの話を聞くとどうしても「ポロッ」系のネタが頭から離れなかったようだ。ま、「コーガン」もその系列の話題か。番組の別の映像で鶴瓶が「何かしてくれ言うから」「言うたった」と「コーガン」が間違いでなく確信犯であることを告白していた。

   乳首問題については、筆者もコメントはありません。というか、新年早々こんな話題で済みません。

文   赤坂和郎
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中