浅野元知事、米大統領選「羨ましい」ワケ

印刷

   仕事始めの『みのもんた朝ズバッ!』。が、いつも眠そうな顔で出てくるみのは正月休み。目がパッチリ開いたみのの顔面縫いぐるみを被った偽モンタが登場し、スタジオをウロウロ。

初もの尽くしですよ

   真面目な柴田秀一アナが、まず仕切ったのは米大統領選。アイオワ州で3日行われる民主、共和両党の党員集会で、候補者指名争いがいよいよ本格スタートする。

   混迷続くイラク、アフガニスタン、パキスタンではブッド元首相の暗殺と、先の見えない「テロとの戦い」。米国が発信地となった世界経済低迷の危機。ブッシュ政権の“負の遺産”の中で、米国民は誰を選択するのか。

   まず民主党。本命とみられているのはクリントン上院議員、女性初の大統領を目指しており、元ファーストレディーからの大統領候補も初めて。

   ライバルのオバマ上院議員は、ケネディーの再来という声も聞かれ、黒人初の大統領を狙っている。

   一方、共和党候補。ロムニー前マサチューセッツ州知事のモルモン教徒というのも初めて。

   TBS解説委員の杉尾秀哉が「あらゆる意味で初もの尽くしですよ」。 これに元宮城県知事の浅野史郎が「ある意味では羨ましいところがありますね」。

   日本も、今年は総選挙の年になりそうだが、どう転んでも初もの尽くしを期待するのはムリそう。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中