ナンチャンが私にグリグリグリッと・・・

印刷

   毎年、年初めに誓うこと。

   今年こそ、禁煙しよう!今年こそ、ダイエットしよう!そして、今年こそいいヒトと巡り合いたい!ごめんなさい、どれもこれも毎年守られていません。さて、今年はどうなることやら。

   いよいよ20代最後の年を迎えるワタクシ。なんだか、楽しみでもありますな。焦ってくる世代の仲間入り!あぁ、今年こそいいヒトに・・・プライベートではなかなか達成できない巡り合いではありますが、仕事ではちゃ~んと、いいヒトには多く会っています。いいヒトという言い方も曖昧ですが、毎年100人単位で芸能人や初対面の人と会っている中で、一つ思うことがあります。

   それは、人を引き付ける力がある人は、必ず目ヂカラがあるということ。

   打ち合わせの際、こちらがドギマギするほど、グーッと目を見てお話される方が本当に数多い!しかも、そのチカラ強いんです。"目を見て話す"を越えて、ヘビのように"目を捕えて話す"と言ったらいいでしょうか?見つめるとも、睨むとも違う目線です。

   相手の目を強く見ることで、相手の心を自分の方に引きよせ、自分の論理を優位に立たせる。目を見られたほうは、自分が見られていることで精神状態は乱れますし、自分の心を見透かされているようで、自信がなくなってきてしまう。まさに心理作戦の一つ。

   当たり前のことですが、実際にコレをやられると、どうも弱くて・・・

   最近お仕事をさせていただいて、目ヂカラが異様に強い!と思った方がいます。

   つまり、いいヒト~!とドギマギしてしまった人。それは、ウッチャンナンチャンの南原清隆さんです。子供のころからテレビで拝見して大笑いをしていたので、自分がナンチャンと向き合って話をしていること自体、興奮してしまったんですが。

   しっかしまぁ、グリグリグリっと私の目を見つめて南原さんが話をされるので、こちらはたまったもんじゃない。アタフタしてしまいました。あ~、こいつテンパリモードだなと、 南原さんには見透かされていたでしょう。いや、その場にいた誰もがそう思ったのではないでしょうか?南原さんのグリグリ目ヂカラで語られる話は、自分が好きな落語への情熱、そして姿勢フェチを自認する、正しい姿勢についてでした。

   背筋をピシっとさせながら目はグリグリ!こんなに熱い方だったの?打ち合わせも力を抜かず真っ向勝負をされる方だったの?私のちょいラブモードは一気に急上昇!相手をその気にさせちゃうプロの仕事術に、ものすごく引きつけられてしまいました。テンションあがります!こっちも南原さんに出ていただく限り、恥ずかしくないものを作ろうと。ん~、こんな男子にプライベートでも会いたいわ~ん。南原さん、カッコよすぎです。

   さぁ、走りだした2008年。私は今年も、相変わらず禁煙、ダイエット、そしていいヒトに出会えるように誓いをたてました。

踊るオサムン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中