2021年 6月 14日 (月)

博多名物「鶏の水炊き」 本場の調理ポイントは?

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   鍋料理の具の定番の一つ"鶏肉"。しかし、主役の鶏肉が、煮込むとパサパサになってしまうことが悩みだ。今回の「ためしてガッテン」では、「鶏の水炊き」の本場・博多で調べた鶏肉をプリプリにさせる調理法を紹介する。

   九州は博多。達人の煮込み方を科学的に分析してみたところ、"鶏肉"の筋肉組織の中に、肉眼では見えない無数の隙間ができていた。その隙間に、だし汁が浸み込むことで旨みが増していたのだ。さらに、筋繊維がほぐれやすくなり絶妙の食感を生む。

   ポイントは、鶏肉に含まれるコラーゲンを自在に操ることなのだという。隠されたウラ技とは?

   ほかに、鶏肉のある部位を使った、トロトロで深いコクの「だし汁」の作り方を大公開!

   *ためしてガッテン

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中