浜崎あゆみ「耳の障害」  あなたも気をつけた方がいい

印刷

   きのう話題になった浜崎あゆみの突発性内耳障害。実は、同じような症状に悩む人が沢山いた。多くは突発性難聴と診断されている。

早めの受診を

   ミュージシャン、S.E.N.Sの深浦昭彦さん。「突然左耳が聞こえづらくなって、アルバム3つくらい作っていたので、過労かなと。医者へいったら、突発性難聴だという。原因は解明されておらず、治療法もないと。ショックでしたね。耳が商売だから」

   その後、仕事を休み毎日海で釣りをしたりして過ごしたら、半年くらいで少し聞こえるようになったという。

   ほかにも、サッカーの平山相太、女優の小川範子、相田翔子、鳥越俊太郎などがいる。鳥越は、「聞こえないだけなら、たいしたことはない。つらいのは耳鳴りだ。死ねばこれから開放される、なんて思うくらい」という。

   難聴の患者は01年時点で3万5000人といわれ、この30年で8倍にふえているそうだ。原因はウイルス説、過労・ストレスによる循環異常説などがいわれるが、実のところは不明だ。従って、治療の方も手探りというのが現状だ。

   若一光司は「最近は若い人にもふえているようですね」

   大沢孝征は「友人に2人いるが、1人は直っていない。強いストレスが誘因になっているような気がする」

   室井佑月が「わたしは酒の飲み過ぎ。ストレス解消のために」とニコリともせず。

   森永卓郎が「釣りをしてたら回復したというのがあった。これがひとつの方法かも」という。

    赤江珠緒が「とにかく異常を感じたら、早めの受診を」と締めたが、その前に小木逸平が「2週間を過ぎるといけない」といっていたのが気になった。

   ある医者が「48時間以内」と断言していたからだ。そうなると、いつ気がつくかで決まってしまう。2週間では手遅れ間違いなしだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中