2018年 7月 23日 (月)

「ナポリを見て死ね」 今は「見たら死ぬ」?

印刷

   「ナポリ、行ったことあります?」。プレゼンターの笠井信輔アナが司会の小倉智昭に問いかける。

僕はないですけど…

   番組によると、「ナポリを見てから死ね」とまで言い伝えられてきたイタリア南部の都市にいま、大変な事態が起きているそうだ。

   その映像を見ると――街の至る所、路上にゴミが溢れかえっている。昨年末からゴミ収集がストップしたまま。埋め立て処分場が満杯になり、新たなゴミ焼却場建設をめぐり、マフィアなども絡みつつ、紛糾中なんだとか。

   閑話休題。さて、問題は、笠井に話しかけられた小倉だ。この日もオープニングトークや(故)知人ネタで長舌をふるっていた司会者は、不愉快そうに「僕はないですけど…」と一言言うと顔を背け、コメンテイターのコシノジュンコに「コシノさんはよくあるでしょう」と流した。

   この司会者は、自分が喋りたいネタと、よく知らない、話したくないネタとのギャップがありすぎるようだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中