2018年 7月 20日 (金)

選挙「必勝法」 福田首相と小沢代表「似合う」のはどっち?

印刷

   ヒラリー大逆転のキーワードは「涙」だったようだ。

やっぱり強いですよ

   事前の世論調査でオバマの41ポイントに対して28ポイントと、大差をつけられて劣勢を伝えられていたヒラリーが、接戦を制してニューハンプシャーの予備選を取った。ここで負けるようではオバマへのなだれ現象を止められないと見られていただけに、勝利宣言に立ったヒラリーは実に嬉しそうだった。

   緒戦のアイオワで3位と惨敗した後は、すっかり気落ちして老いを隠せず、涙すらにじませていた。この涙が、それまでの「鉄の女」イメージを「人間味がある」に変え、有権者、特に中高年の女性の胸に突き刺さり、ポロっとさせたのでは、国際政治ジャーナリストは分析する。

   出口調査では女性の45%がヒラリーに、33%がオバマに投票したという。

   「女性の涙は強いんでしょうか」と山岡三子が問いかける。

   ロバート・キャンベルは「ギリギリのところまで堪えていたのが、アイオワの結果を受けて選挙の大事さを訴えるときにウルっときたのが、高齢者の女性を動かしたのでは」と言っていた。

   テリー伊藤によると、ニューハンプシャーは95%が白人だという。「それでも、僅差だったんだから、オバマはやっぱり強いですよ」との見方。

   対抗馬にいったんは抜かれた本命馬が意地をみせてようやく抜き返したところか。

   つばぜり合いはしばらく続きそうな気がする。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中