2018年 6月 18日 (月)

「日本地球儀」、中国に屈服!? 岩上安身「おそろしい」

印刷

   通常、「地球儀」がワイドショーのニュースで取り上げられる確率は、ハンドボールより低い。しかし、小倉智昭によれば、産経新聞が今日の一面で大々的に取り上げたそうである。

これは問題になりますね

   「これは問題になりますね」と小倉も注目するのは、学研が昨秋発売した「スマートグローブ」。「台湾」(という国もしくは地域)が「台湾島」と表記されており、また日本の北方領土以北がロシア領土と同じ色で塗られているんだとか。

   この地球儀、製造を中国で行ったが、出荷前に、台湾を「国」と誤認するような商品は輸出させないと中国政府から「圧力」があり、「島」に変更されたという。記事の見出しは「台湾を"抹消"」とどこかのタブロイド・ニュースサイトのように大仰だ。

   ともあれ、輸出商品の地球儀にまで介入してくる中国政府の神出鬼没ぶり。コメンテイターの岩上安身は「日本海が東海なんて書かれる日が来るんですかね。おそろしいですね」といかにもなコメント。

   「自分たちの主張が通らない地球儀って…」と小倉も不満げであった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中