NHK、カネの使い方間違ってない?

印刷

   ちょっと前の話になるけど、クリスマスイブにNHKが北欧フィンランドのサンタクロース村からの生中継をやってた。鈴木杏が現場からレポートするんだけど、冗漫でダラダラとやってるんだよな。

   「せっかく生中継だから」ということだったんだろうけど、欲張っていろいろ盛り込みすぎてたな。しかもオーロラを撮影しようとして結局オーロラは見えなかったとか、せっかくの試みも無残な結果だった。見てる方は「オイオイ」って言いたくなるよな。生中継の必要性はあったのかね。

   生中継ってのは、十分に企画を組んで練った上でやらないと失敗するんだよね。金もかかるし。何となく現地行ってなんとかなるだろ、ぐらいじゃつまらない番組しかできっこない。

   まあよく分かったのは、NHKにはこんな企画に金も人もつぎ込む「力」があるってことだけだね。

      欲張って サンタの夢も 泡と消え

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中