中東VS日韓 「代表正当性」あなたの判断は?

印刷

   北京オリンピック予選のやり直し問題で、にわかに注目を集めるハンドボール。今日は「東京でやり直し決定」の続報が伝えられた。

まだ一波乱ありそう

   これで一件落着、とはいかないようだ。やり直しは国際連盟(IHF)主導で決定したが、「中東の王族が牛耳る」アジア連盟(AHF)は「予選は正当に行われたので、やり直す理由はない」との立場を維持。

   予選の出場国5カ国のうち、クウェート、カタール、UAEの3国は参加しない方針。日本と韓国の直接対決になる見込みだが、AHFの規定では「連盟主催の大会は最低四カ国の参加が必要」との規定があるんだとか。

   このままでは、ふたつの"代表"が正当性をめぐって「まだ一波乱ありそうな気配」(笠井信輔アナ)。

   ときならぬハンドボール(報道)ブームも、いましばらく続きそうである。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中