和泉元彌「僕の辞書に離婚の字はない」 妻の辞書はどうか?

印刷

   年末年始の芸能界では結婚、離婚の話題が多かった。ドサクサまぎれ、しかもメディアの動きが不活発な時期を狙ったのか、新鮮な気持ちで新年を迎えたいからか。

すぐ結論を出すことない

   そういうタイミングで、芸能リポーターは映画「レンブラントの夜警」の試写会に現れた和泉元彌(33)を捉まえる。

   久しぶりに多くの取材陣に囲まれたためか、羽野晶紀(39)との別居について聞かれても元弥はうれしそうに話す。

   「今はもういっしょに住んでいます。子どもたちとも稽古を続けてますし。別居の情報は古いですよ。不幸な映像は追っかけるけど、幸せな映像は撮ってくれないんだから。僕の辞書には離婚という字はありません」

   「しゃべり過ぎだよ」という加藤の振りを受けて、井上公造が解説にかかる。

   「晶紀さんとしても離婚は避けたい。節子さん(元弥の母)も嫌いなわけではない。いちばん心配しているのは子供の将来です。日本能楽堂の舞台に立ってほしいと思っている。そのためにも、退会命令を受けている能楽協会とは話し合いをもって、関係をクリアにしてほしい。つまり、節子さんの謝罪でしょう」

   晶紀は子どもが宗家を継承することを願っているようだ。

   テリー「平成生まれの子どもでしょう。能をやりたいかどうか。お母さんのような活動をしたいというかもしれない。いますぐ結論を出すことない」

   宮崎「年末年始、晶紀さんはテレビにいっぱい出てましたよね」

   井上「子どもを食べさせなくてはいけないから芸能活動をしている」

   強い母たちはこれからどう生きて行くのだろうか。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中