「自分の介護心配」山口美江、「高齢者合コン行ってみようかな」

印刷

   まあ、久しぶりの山口美江。「柴漬け食べたい」から何年経ったか。彼女も47歳だ。

ギャップがつらかったでしょうね

   オールビデオでの登場だったが、実は最愛の父を亡くしていた。それもアルツハイマーの壮絶な介護の末。壊れてゆく父との日々を記した記録が、きょう発売の「女ひとりで親を看取る」(ブックマン社)だ。

   貿易会社を営んでいた山口俊雄氏は、早くに妻を亡くしたあと、男手ひとつで美江を育てた。タレント活動の美江を、いつも後で見守るかっこいいパパだった。が、68歳で引退してしばらくして異変が起こった。

   ある朝、美江が起きてみると、びしっとスーツ姿で庭をはいていた。「名古屋に船が入ったので出張なんだ」。ろれつがまわらなかった。これが始まり。以来2006年9月、76歳で亡くなるまでの日々だ。

   ・ 行きつけの青果店に「名古屋に船がはいったからバナナ200キロ」と注文。
   ・ 親子で連れ立って歩いた。監視のためだった。
   ・ 薬屋に押しかけ「地下室に薬を隠してるだろう」
   ・ 薬を飲んだことを忘れ、次々になくなるまで飲んでしまう。
   ・ イヌの名前(種類)が覚えられない。
   ・ ついには、イヌを忘れて蹴ってしまった。
   ・ 徘徊して、血だらけで帰ってきたこともあった。
   ・ 美江に向かって「一緒にいてくれてありがとう。そろそろ結婚しようか」
   ・ 入院させるときは、泣きながら「お前、おれを売ったな」
   ・ 最後は日本語を話さなくなって、英語だった。

   いま山口美江は、父のいなくなった家にひとり。「わたしの老後が心配になる。高齢者の合コンでも行ってみようか」などという。

   赤江珠緒が、「ダンディーなお父様だから、ギャップがつらかったでしょうね」

   レポートの立花裕人が介護費用に触れた。入院費が15万円、その他は5-10万円。山口氏の場合は年金が18万円あったというが、「年収300万円だときびしい」と。

   森永卓郎は「年金と同時に介護もきちっと組立直す必要がある」

   介護体験があるという若一光司は「悲しいのは、ときどき本人が普通になること。山口さんもよくやられましたね」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中