NHK、緊急地震速報を誤放送

印刷

   NHKが「緊急地震速報」音声を誤って全国放送した。緊急地震速報は、震度5弱以上の地震の到達が予想される際「強い揺れに警戒してください」と音声で放送する。しかし今回は、北海道北部で震度4の地震が発生したことをテロップで知らせようとした際、職員が誤って緊急地震速報用のボタンを押したという。誤放送があったのは2008年1月13日午前2時14分過ぎから約15秒間。自動音声が2回流れた。NHKは同13日5時の総合ニュースなどで誤放送を謝罪した。緊急地震速報の誤放送は初という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中