うまいのか? 「ホットビール」

印刷

    温かいビールというのがある、と佐々木亮太がレポート。出しているのは、キリンビール横浜工場にある「スプリング・バレー」。

飲んでみたいですね

    小さなガラスのカップだから、見たところはアイス・コーヒーに泡が浮いている感じ。添えられているのが砂糖のブロックとシナモン・スティック。ただし、ものは温かい。

     「あれ? ビール?」と首を傾げる佐々木。嗅いでみて「香りが全然違う」。一口飲んで「苦みがなく、炭酸もない。コクが残って、ビールの味がしました」。ただ、がぶっとやったので「やけどしました」

    次に砂糖を入れると、泡が立った。シナモンでかきまわして、こんどはゆっくりと飲む。「コーヒーに近い感覚ですね。ケーキに合うかも」

    これ実は、一番絞りの黒ビール。家庭で楽しむには、電子レンジで約1分暖めて、50度Cくらいで、とキリンではいう。今後はデザートにかけるとかも考えていて、いまは、コクを残すために黒ビールだが、普通のビールでも試みるという。

    スタジオに戻っても、みんな半信半疑の表情。赤江珠緒が「暖まるんですか?」

    佐々木は「ぼくは弱い方なので、酔ってしまいましたが、冷たいものよりはアルコールはとんでいる」。

    こういう場合、コメンテーターの前にモノが出てくるものだが、なぜか出てこない。お話だけだから、みんな声もナシ。ただただ不思議そうな顔ばかりだ。

    「飲んでみたいですね」と赤江が寂しそうにポツリ。

    やっぱり飲んで見せなくちゃ盛り上がらないよ、キリンビールさん。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

J-CAST Blog 略して「Jブロ」
J-CASTがオススメするブログを紹介!
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中