2018年 7月 22日 (日)

「香川・父親犯人視」の教訓「そんなの関係ねー」? 大阪赤ちゃん殺害

印刷

   大阪府守口市で起きた、生後18日の赤ちゃん殺害事件は「いくつかのナゾが残されています」と、大竹リポーターは切りだす。事件の経過はこうである。

相当巻かないと動くよね

   18時45分ころ、山中いづみさん(22)宅に黒いジャージにニット帽、白いマスクをつけた170センチほどの男が玄関から侵入。男はまず、いづみさんの長男、生後18日の禮弥ちゃんの鼻、口を粘着テープで覆う。泣き出したからのようだ。ついでいづみさんを脅して、やはり粘着テープで口と手足を拘束、冷蔵庫にグルグル巻きにする。そして、今春、大学生(21)と結婚予定のいづみさんへの出産祝い金数万円を奪って逃走。

   以上は目には粘着テープを張られていなかったいずみさんが語る一部始終だ。

   数時間後、帰宅したいずみさんの母(48)が発見して通報。禮弥ちゃんは病院に運ばれたが、窒息のための死亡が確認された。いずみさんにケガはなかった。

   大竹の報告によると、現場周辺ではここ2、3カ月、女子の下着を奪われたり、ひったくりがあったりとザワザワしており、事件当日も山中さん宅から30メートルほどしか離れていない家で900万円を盗られる事件があったという。

   なぜ、いずみさん宅が狙われたのか。いずみさんの話では、18時ころインタホンが鳴り、玄関を開けたが誰もいなかった。そのまま、玄関のカギはかけなかったとのこと。

    田宮榮一・元警視庁捜査一課長は「大の大人を冷蔵庫に張りつけるのは、被害者が暴れたりするのでかなり難しい。床の上でテープを巻けばいいわけだから。その点では、めずらしい稚拙な手口です」という。

   スタジオ陣も次々と疑問を呈する。

   「凶器で脅されてしばられたのか」(八代英輝)
   「相当、テープを巻かないと動くよね」(テリー伊藤)
   「電気のついた家に入っていくのは大胆」(八代)

   大竹は、「山中さんの家庭事情を知る者?!」の犯行ではないかと推理する。

   警察力が試されるところである。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中