2020年 10月 30日 (金)

「いじめ止まった」その後に大切なコト

ホットでもアイスでも美味しい。季節にあわせて楽しめる、大正製薬の乳酸菌が入ったごぼう茶。
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   NHK教育テレビで放送中の「中学生日記」。今回は「いじめなくしたい!プロジェクト3」と題し、"いじめ"について考える。

   視聴者や学校関係者の取材から、こんなことがわかった。

   「いじめられると自分に自信を失い、心に大きな傷を負う」
   「いじめる側には、自分では処理できない心の葛藤がある」
   「傍観者もいつ自分がいじめられるか怯えている」

   いじめる側もいじめられる側も、いじめによって心が傷つき、抜け出せなくなっている。だから、「いじめが止まる=いじめの終わり」ではない。当事者はいじめの支配から自分の心を解き放つ必要がある。

   そこで、番組では、いじめをなくすために、「信頼」のあり方を問う。実際にいじめを克服した体験を紹介するとともに、中学生日記出演者らが討論。「信頼」について中学生の感覚や考え方をまとめる。

   *中学生日記

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中