2020年 10月 30日 (金)

コブクロ「ファンを大切にする曲作り」とは?

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   1998年大阪・堺市で結成した小渕健太郎と黒田俊介からなるフォーク・デュオ"コブクロ"。ギターと二人のハーモニーが生み出すサウンドが人気を呼び、「ここにしか咲かない花」「桜」「蕾(つぼみ)」といったヒット曲を連発している。

   今回の「プレミアム10」では、2007年に結成9年目を迎え、30歳になった二人を180日にわたり密着した。

   二人が楽曲を作り出すスタンスは、結成当時から変わらない。新曲はまずライブで披露。そこで得たお客さんからの反響、アイディアを吸収し、レコーディングに反映させる。これは、ファンとの関係を大切にした曲作りである。

   番組では、17万人を動員し、コブクロ史上最大規模となった「蕾ツアー2007」での秘話、ストリートで演奏していた時のエピソードを披露する。

   *プレミアム10

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中