NASA宇宙人?映像に佐々木アナ「人間と同じはずがない!」

印刷

   NASAの探査機が火星で撮影した映像に、人に似た姿のものが写っている――と、騒ぎになっているそうだ。

生命体はいてほしい

   問題の写真を見ると――人によく似た生き物が、地面に足を投げ出して座り、腕を“宙”に伸ばしているかのようだ。

   「岩でしょ」と小倉智昭。
   「人ですね」とコメンテイターの友近。
   「これを見て、ロダンの像(『考える人』のことらしい)は宇宙人をかたどったのかと思ってしまいました」と笠井。

   スタジオの反応はさまざま。しかし、いつも薄味で、何を考えているのか不明系の佐々木恭子アナが、珍しく「えー!?」とはげしく反応、主張したので、ここでは彼女の意見をフィーチュアしてお伝えしよう。

   「腕を伸ばしているように見えるけど、絶対見え方(の問題)ですよ」「地球外生命が、人間と同じはずがない!」。興奮気味に語る佐々木。

   小倉が、部下の誤りを教え諭すかのように言う。「それは人間の驕りですよ」。人類が宇宙でワン・アンド・オンリーな優れた存在だと思ったら大間違い、的なことを言いたかったのだろう。

   こうなると、「そうでしょうかねえ」と曖昧な微笑と答えになるのが常だが、今日の佐々木は、まだとまらなかった。「いえ、生命体はいてほしいですけど、こんな同じような生物がいるとは思わない」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中