2020年 8月 5日 (水)

その言葉は「ダメ」 小説が葬られた理由

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   2007年、作家・織田作之助の未発表の小説「続・夫婦善哉」が見つかった。鹿児島の文学館に寄贈された、言論雑誌「改造」の原稿7000枚の中に含まれていたものだ。その中に、雑誌から削除された作品があることがわかってきたのだ。なぜ、原稿は今まで眠っていたのか?

   「改造」とは、戦時中、鋭い社会批判で言論界をリードした雑誌だ。そのため、「当局の忌諱にふれたため」掲載中止になった原稿が多々あったようだ。出版法、治安警察法に基づく言論統制をめぐる、内務省警保局との攻防は激しいものだった。

   今回の「ETV特集」では、言論統制の背景について、発見された資料をもとに研究者が読み解いていく。ジャーナリズムの視点から、戦争を問い直す。

   *ETV特集

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中