朝青龍「優勝惜敗」出来すぎ? 勝谷「八百長かも」

印刷

   モンゴルの青(龍)と白(虎)は見事な闘いを繰りひろげた。横綱同士による千秋楽同星決戦は5年4カ月ぶりとかで、48本の懸賞がかかる大一番。47秒にわたる力相撲の末、白が青を上手投げであお向けにした。

相撲史に残る一番

   大竹真リポーターが報告するスポーツ紙の朝青龍ネタは、やはりヒール扱いが多い。

   「20分フロに入ってあがった後、髷を結い直しているときに『チェッ』。あたりは重苦しい沈黙が7分間つづいた」(スポーツ報知)

   「解説者が、『朝青龍は必ず巻き返すでしょう、負けず嫌いだから』というのを聞くと、『フン』と笑った」(東京中日スポーツ)

   大竹は打ち上げ後の国技館付近で聞いた、朝青龍の"側近医師"本田昌毅氏の話を紹介する。

   「優勝してほしかったけど、今場所は正直、あれで十分だと思います。本人は『負けちゃったよ』と言っていました。でも、気持ちの切り替えが、とくに相撲に関してはすばらしい人だから、来場所が楽しみです」

   大相撲ファンも、「いろんな騒動のなかで、苦しかったと思いますけど、よくやった。これでひと回り成長するでしょう」などと、初場所の朝青龍についてはおおむね肯定的に評価する。

   テリー伊藤も「相撲史に残る一番。おもしろかった。これで朝青龍を許してあげてもいいか、という人が出るんじゃないかな」。

   これに対し、勝谷誠彦は「相撲協会にとってはこれ以上ない結果でしょう。(元)時津風の逮捕問題も吹き消すし。良く出来た物語。八百長かもしれません。昨日の土俵にどうして熱狂するのか分らない。ウランバートルでやってくれと言いたい」と、あくまで辛口。

   見方はさまざまだが、これからしばらくは「青白時代」がつづくのだろう。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中