2018年 7月 20日 (金)

マラソン舐めたらいかんぜよ! 「女王」福士が「惨敗」

印刷

   1月27日には注目される戦いが3つあった。

どんだけ厳しいスポーツかと

   大阪府知事選、大相撲の頂上決戦、そして大阪国際女子マラソンであった。マラソンが関心を呼んだのは、ひとえに、トラックの女王、福士加代子(25)が初マラソンに挑戦したからである。1万メートル、5000メートルでは他の追随を許さない日本女子長距離界のエースが、初めてのマラソンでどんな走りを見せるのか。北京五輪の選考レースでもあるこの大会で、オリンピック出場を決めてしまうのか。

   しかし、福士にとっては、苛酷さだけを思い知らされる結末になったのではなかったか。2位以下を引き離すことができたのは25キロあたりまで。以後はペースダウン。とくに35キロからはジョギング状態で、横を次々と選手が追い抜いてゆく。ゴールまで500メートル地点でついに足をもつれさせて転倒。長居陸上競技場に入ってからは3回、転びながらようやく19位でゴールにたどり着いた。スタンドにいた母のちぎ子さんはハンカチを目にあてるばかりで、娘の姿を見ていられなかったという。

   加藤浩次「どんだけ厳しいスポーツかということですよね」

   勝谷「指導する側が甘かった。かわいそう」

   福士が正式に参加を表明したのは、昨2007年の12月18日。大会までひとつき余りでは、準備不足も当然で、練習も32キロくらいまでしか走っていなかったといわれる。

   彼女自身、「期待と不安があります。期待に応えられるように頑張ります」というコメントを発表していたが、不安がもろに的中した感じだ。

   テリー「転倒したところでコーチが止めるべき。骨折したりしたらどうする。福士は日本の宝なんだから。6月には1万メートルの五輪予選が控えているけど、トラウマになる可能性もあって結果はわかりませんよ」

   無謀さ故の苦い経験を今後にどう生かしてゆくのだろうか。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中