マラソン舐めたらいかんぜよ! 「女王」福士が「惨敗」

印刷

   1月27日には注目される戦いが3つあった。

どんだけ厳しいスポーツかと

   大阪府知事選、大相撲の頂上決戦、そして大阪国際女子マラソンであった。マラソンが関心を呼んだのは、ひとえに、トラックの女王、福士加代子(25)が初マラソンに挑戦したからである。1万メートル、5000メートルでは他の追随を許さない日本女子長距離界のエースが、初めてのマラソンでどんな走りを見せるのか。北京五輪の選考レースでもあるこの大会で、オリンピック出場を決めてしまうのか。

   しかし、福士にとっては、苛酷さだけを思い知らされる結末になったのではなかったか。2位以下を引き離すことができたのは25キロあたりまで。以後はペースダウン。とくに35キロからはジョギング状態で、横を次々と選手が追い抜いてゆく。ゴールまで500メートル地点でついに足をもつれさせて転倒。長居陸上競技場に入ってからは3回、転びながらようやく19位でゴールにたどり着いた。スタンドにいた母のちぎ子さんはハンカチを目にあてるばかりで、娘の姿を見ていられなかったという。

   加藤浩次「どんだけ厳しいスポーツかということですよね」

   勝谷「指導する側が甘かった。かわいそう」

   福士が正式に参加を表明したのは、昨2007年の12月18日。大会までひとつき余りでは、準備不足も当然で、練習も32キロくらいまでしか走っていなかったといわれる。

   彼女自身、「期待と不安があります。期待に応えられるように頑張ります」というコメントを発表していたが、不安がもろに的中した感じだ。

   テリー「転倒したところでコーチが止めるべき。骨折したりしたらどうする。福士は日本の宝なんだから。6月には1万メートルの五輪予選が控えているけど、トラウマになる可能性もあって結果はわかりませんよ」

   無謀さ故の苦い経験を今後にどう生かしてゆくのだろうか。

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中