小西真奈美、超セクシードレスで登場(写真アリ) 映画「死神の精度」会見

印刷
完成報告記者会見に挑んだ出演者。左から小西真奈美、金城武、富司純子
完成報告記者会見に挑んだ出演者。左から小西真奈美、金城武、富司純子

   日本での映画出演が6年ぶりとなる金城武主演の映画「Sweet Rain 死神の精度」(筧昌也監督)の完成報告記者会見が2008年1月27日、「東京国際フォーラム」であった。会見場には、スーツ姿の金城武、胸元のあいた紫のドレスを着た小西真奈美、着物姿の富司純子らが集まり、質問に答えた。

   映画は、金城演じる死神が「不慮の死」を7日後に控えた人間の前に現われ、「死」を「実行」するか「見送り」にするかを決めるという設定だ。小西は、死神のターゲットとなった薄幸の女性の役を演じた。

   会見では「もし7日間で死ぬことを知ったらどうするか?」と映画にちなんだ質問が出た。金城は、現在映画の仕事が入っているとして、関係者に「代役探したほうがいいよ」と忠告し、「そのあとは友人、家族のそばに帰ってごろごろ過ごすよ」と話した。小西は「自分のために何かというよりは、友人や家族に会って、『今までありがとう』と手土産を持ってお礼参りに行きます」とさわやかに答えた。

   原作はミステリー作家・伊坂幸太郎の同名小説。映画の公開は08年3月22日から。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中