2020年 7月 14日 (火)

ココアシガレット 「30円」守る心意気とは?

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録
J-CASTニュース テレビウォッチ
(c)NHK

   大阪淀川区三津屋。町工場や古い商店街が残るこの地区に、従業員40人の駄菓子メーカーがある。1952年(昭和27年)からの人気商品「ココアシガレット」(30円)や、缶コーラを模した「ミニコーラ」などを販売している。

   この会社が一番気を配ってきたことは、子どもが小遣いで買える「安さ」だ。しかし、原油や原材料の高騰により、30円という価格を続けるのが難しくなってきている。2007年2月の決算では赤字に転落。取引業者からは原料値上げの要請が相次いでいるそうだ。

   今回の「ドキュメント にっぽんの現場」では、30円を守ろうと奮闘する社員たちに密着した。昔ながらの駄菓子にこだわる下町の"心意気"を見つめる。

   *ドキュメント にっぽんの現場

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中