「ひき逃げした」と知人が告白 あなたならどうする?

印刷

   時効目前でひき逃げ犯の男が逮捕、というニュースを大竹真が報告。

テリー:時効、まだ短い

   事件は2003年4月、福井県敦賀市で起きた。ラーメン店に入ろうと道路を横切っていた2歳の幼児を、信号無視、猛スピードで飛び出したクルマがひき、幼児は4メートル跳ね飛ばされ、死亡。クルマは救助せずに逃走した。

   幼児の父は「事故は起こる可能性があるだろう。でも、逃げた行為にハラが立つ。感情ある人間なら止まるだろう」と憤る。

   母は「オモチャのクルマの好きだった子がクルマに殺された。皮肉で悲しい」と話す。

   警察の捜査は難航、両親は、情報を求めて、逃げたクルマの特徴などをかいたビラくばりをしていた。時効まで2か月半となって、事態は急展開する。敦賀市の建設業の男(41)が逮捕されたのである。「知り合いの男が、子を跳ねたと言っている」と、この男の知人が警察に情報を寄せたのが、逮捕につながったという。

   情報が寄せられたのには、実は「スッキリ!!」も一役かっていた。

   6歳の男の子をひき逃げされた奈良の両親が、時効を前にした2006年11月13日の放送で、「情報をご存じの方はぜひ、教えてほしい」と訴えていたことを、敦賀の情報提供者が知るに至って行動に移したようだ。奈良の事件のほうは時効を迎えてしまったが、父親は「私たちのしたことが、他の人の心を動かしたのかなと思っています」と静かに語る。

   テリー「容疑者は犯行を否認しているらしいけど、知人にしゃべっていたとすれば、5年近く、自己嫌悪することもなく、反省もしていない」
   アンドレア・ポンピレオ「この事件は痛い。許せない」
   おおたわ「ご両親が自分たちでビラを作ってくばるのって、辛すぎる」
   テリー「時効は5年だったのが7年に延びたけど、まだ短い」

文   アレマ | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中