米倉涼子「下着姿」と「シリアス演技」 見所はどっちだ

印刷

   テレ朝の「交渉人」。米倉涼子主演のドラマ第2回を見た。シリアス路線でしっかり作ってる。ちゃんと1時間見れる、という感じ。

   筋もいろんなとこに伏線を張っているようで、今後面白くなっていきそうだ。

   出演はほかに、陣内孝則や筧利夫としっかりしてる。安めぐみが友人役。

   今回は犯人が、米倉演じる主人公に「脱げっ!」って要求するシーンがあった。それで米倉が下着姿になる。シリアスな演技でなかなか味があり見所のひとつだった。ま、もっと脱いでほしいとも思ったけどね。

   個人的な話だけど、実は少し前に空き巣被害にあって110番したことがある。すると40分ぐらいしてからかな、チャリに乗った警察官が「どうかしましたか」みたいなのんびりした雰囲気でやってきた。ドラマの世界のシリアス感と比べると異次元の世界だね。

   ま、ドラマのシリアスな展開も今後楽しみだけど、米倉の体当たり演技の方も次は何をするのか期待してしまうな。

      「もっと脱げ」と 犯人役よ 言ってくれ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中