2018年 7月 19日 (木)

本バカ売れ麒麟・田村VS劇団ひとり 「印税額」勝ったのは・・・

印刷

   「ホームレス中学生」(麒麟・田村裕著)195万部の陰に隠れてしまったが、やはりお笑い芸人の劇団ひとりが(処女)出版した小説「陰日向に咲く」もロングセラーを続けているそうだ。

ナナは貰ってないでしょ

   昨日(2月6日)は100万部突破の記念でサイン会が催された。リポーターから「印税ガッポリでしょ」的なフリを向けられたひとりは意外にも渋い顔。「いやー、(所属する)太田プロに全部持ってかれちゃって」

   そこで番組では両者の印税額を推定することに。芸能リポーターの井上公造によれば、印税割合田村が7%、ひとりは9%である。田村は所属する吉本興業と交渉の結果、上積みを勝ち取ったと周囲に漏らしているそうで、通常は5%程度らしい。番組推定額は、田村の印税1億8632万円、ひとり1億3230万円。

   しかし、吉本興業の先輩でスッキリ!!司会の加藤浩次は首をかしげた。「ナナは貰ってないでしょ。ゴぐらいだと思うなあ」

   最終的には「やはり吉本はケチだった」という誰もが納得し、安心できる結論に到達していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中