八代英輝弁護士「正しい批判ではない」 倖田問題に参戦

印刷

   昨日(2月7日)、フジテレビのニュース番組が倖田來未の「涙の謝罪」を主催した――というから、今日のスッキリ!!を楽しみに待っていた。ところが、権利関係の問題のせいか、本物の映像・音声は流れず、関西弁風の再現・声真似ナレーションが流れるだけ。はからずも物まねショウが堪能できた。

同じ立場に立たされるかも

   その後のコメントタイムでは、八代英輝弁護士が、月曜日の勝谷誠彦の流れをくんで、ネットの問題点を指摘した。「勝谷さんが言ってたのもあるんですが、ネット上にスポンサー企業のURLを貼りつけて、『ここに連絡しましょう』というような攻撃の仕方は、正しい批判ではないと思う」

   倖田と同じく、深夜放送の(レギュラー)パーソナリティをつとめる加藤浩次。「われわれも、同じ立場に立たされるかもしれない。そこは考えさせられますよね」

   加藤は少しおびえたような表情でカメラをうかがい、神妙に語っていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中