2018年 7月 20日 (金)

八代英輝弁護士「正しい批判ではない」 倖田問題に参戦

印刷

   昨日(2月7日)、フジテレビのニュース番組が倖田來未の「涙の謝罪」を主催した――というから、今日のスッキリ!!を楽しみに待っていた。ところが、権利関係の問題のせいか、本物の映像・音声は流れず、関西弁風の再現・声真似ナレーションが流れるだけ。はからずも物まねショウが堪能できた。

同じ立場に立たされるかも

   その後のコメントタイムでは、八代英輝弁護士が、月曜日の勝谷誠彦の流れをくんで、ネットの問題点を指摘した。「勝谷さんが言ってたのもあるんですが、ネット上にスポンサー企業のURLを貼りつけて、『ここに連絡しましょう』というような攻撃の仕方は、正しい批判ではないと思う」

   倖田と同じく、深夜放送の(レギュラー)パーソナリティをつとめる加藤浩次。「われわれも、同じ立場に立たされるかもしれない。そこは考えさせられますよね」

   加藤は少しおびえたような表情でカメラをうかがい、神妙に語っていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中