2018年 7月 20日 (金)

テリー「反日教育ばかりしないで・・・」

印刷

   沖縄・与那国島に飛んだ俳優兼ベテランリポーターの阿部祐二が、ビーチに向かう道すがらで叫ぶ。

こういうことも教育してほしいね

   「なんだ、アレ」「すげえ、キタねえ!」。俳優にしては、“驚き”の表現が乏しく、セリフ棒読み調。いつ見ても同じに見えるのは残念だ。

   さて、与那国を含む八重山諸島には、海流の向きからして、台湾、韓国、中国などの漂着ゴミが流れ着き、その量も増大傾向にあるそうだ。そこで、阿部は熱心に海岸でゴミを収集開始する。ゴミ屋敷の捜索で慣れているせいか、お手の物といった様子。その後、石垣島にも移動して、中国製と思われるギョーザ容器、農薬入りらしき容器などを次々にカメラに示す。

   そんなVTRが終わり、コメンテイターの中国批判のボルテージに注目が集まるところ。“言論界のエース”(改め言論界のCM王)こと宮崎哲弥は、注意深く発言する。中国内のゴミ規制について、民間でやっていることでもあり、「経済発展のさなかにあって、(発展に)投網をかけるような規制は難しい現状」と現状解説に終始。

   それにくらべて、七色の顔を持つコメンテイター、テリー伊藤はダイレクトな反応を見せてくれた。「石垣島なんて、世界でも有数のキレイな海でしょ。たまったもんじゃないですよ」「中国なんかもね、反日教育ばかりしないで、こういうことも教育してほしいね」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中