2018年 7月 23日 (月)

米の「有毒」衛星落下 イージス艦「迎撃力」は信用できる?

印刷

   珍しく新聞記事で盛り上がった。朝日新聞が伝えた「落下スパイ衛星 破壊作戦」は、制御不能になった米のスパイ衛星が間もなく地上に落ちてくる。有毒の燃料を積んでいるため、米政府はこれを大気圏外でミサイルで撃ち落とすというお話。

イージス艦貸してやんなさいよ

   竹内香苗アナが「今日の午後にもミサイルで破壊するが、AP通信によると成功確率は50%」というと、すかさずみのもんた。「50%? イージス艦貸してやんなさいよ」(笑)

   「失敗しても、何回も攻撃できるから」と竹内。

   木元教子は「失敗すれば、どこかへ落ちるんでしょ。どこか特定できてない?」

   「燃料がまだ残っていて、それが有毒なのだと」(竹内)

   「ソ連の衛星を大気圏外で撃ち落とす実験をずーっとやってましたよね。それをつかうんじゃないのかな」(嶌信彦)

   「このミサイル作戦が失敗した場合、3月6日に地球のどこかに落ちてくると」(竹内)

   「ちょっと待った。地球のなんていった?」(みの)

   「どこかに」(竹内)

   「どこかにったって」とみんなワーワー。みのは「わっはっは」

   「被害が出た場合は、アメリカが補償すると」(竹内)

   「やだよ、補償なんて」「冗談じゃないよ」とわいわい。

   「どこかって、日本も可能性ある?」(木元)

   「可能性がないわけではないと」(竹内)

   「イージス艦が、173、4、5‥‥7まで5隻もあるんだから、5つでどんとやれば落とせるんじゃないの」(みの)

   「でも落としても、汚染されちゃうわね」(木元)

   なんとなく、みんな半信半疑。

   米はまず、北太平洋のイージス艦(本家はアメリカですよ、みのさん)から迎撃ミサイルを発射するが、衛星はまだ軌道上にあるので、飛んでくるミサイルを撃ち落とすよりは容易とみられている。が、地上にまで落ちてくる可能性はゼロではない。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中