ベルリン映画祭「最優秀新人作品賞」 熊坂監督が帰国会見

印刷

   ベルリン国際映画祭で最優秀新人作品賞を受賞した熊坂出監督(32)が2008年2月20日、東京都内で帰国会見を行った。作品は「パーク アンド ラブホテル」(4月26日公開)。ラブホテルの屋上に集う老人や少女たちの触れ合いを描いている。熊坂監督は「驚いた」「ありがたい」などと話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中